鍼灸治療とは

特に病気とまでは言えず、検査の数値などで問題がなくても、

身体のどこかの機能が低下している、調子が悪いというのを

何とはなしに自覚することがあると思います。

これは、人間の身体に備わる自律神経反射のうち、

内蔵体性反射と言われるものです。

内蔵の不調を、自律神経→運動神経を介して本人に伝えているわけです。

心臓や肝臓の不調を肩のコリや張りとして感じたり、

腎臓の不調を腰痛として感じたりするのも一例です。

 

 

鍼灸は、自律神経反射のうち

皮膚など体表からの刺激が、反射的に自律神経を介して

内蔵などの機能を調節する

体性内蔵反射反射の働きを利用しています。

鍼やお灸の刺激が皮膚だけにとどまらず、

内蔵、自律神経に作用するのは

この反射を利用しているためです。

生体の反応を利用するものゆえ、個体差はありますが、

自然な体調調整法とも言えるかもしれません。