訪問リハビリマッサージについて

・杖や車いすを使用しないと歩行が困難。

・寝たきり状態

・手足の関節拘縮(固まって動かしづらい)

・身体に筋麻痺、筋力低下、リンパ浮腫などがあり、日常生活動作が困難

 このような症状でお困りの方、またご家族にこうした患者様がいらっしゃって、

 介護にご苦労されている方も多いと思います。

 

一定の条件を満たし、医師の同意により医療上マッサージを必要とする場合は、

健康保険を使って鍼灸マッサージの施術および機能訓練(リハビリ)を受けることができます。

歩行困難など身体的な理由で、医師により通院が困難だと認められれば、

こちらからご自宅や施設に訪問する訪問リハビリマッサージが可能です。

 

◆訪問リハビリマッサージとは◆

〇機能の改善を目的として、ご自宅や施設にお伺いして行う医療マッサージです。

〇あんまマッサージ指圧の支給対象となる適応症は、

 一律に診断名に関わらず、筋麻痺・筋萎縮(≒筋力低下)・関節拘縮など

 担当医が医療上マッサージが必要と認めれば、同意書が出された上で行えます。

〇1度の同意書で施術可能な期間は6カ月です。(H30年10月から改定されました)

 その後も継続して施術を受ける場合は、6カ月(変形徒手矯正術は1カ月)ごとに同意書が必要です。

国家資格を有する鍼灸マッサージ師が行います。

〇医療保険を使いますので1回の施術費は1~3割の負担割合に応じた金額

 (約300~500円)になります。

医療保険でのサービスで、介護保険の枠ではありません。

◆訪問リハビリマッサージをすることで◆

 

〇血液、リンパ循環の改善をすることで、筋肉の緊張や痛み、痺れむくみの緩和、

 また、神経伝達の改善が期待できます。

〇関節可動域を広げ、拘縮の予防、改善

〇寝たきり状態、廃用症候群、褥瘡の予防、改善

〇日常生活動作の維持・向上が見込めるため、患者様だけでなく介護者である

 ご家族の負担も軽減できます。

〇機能訓練により。筋力低下を予防し、転倒や転倒によるケガのリスクを

 軽減できます。

〇内蔵機能低下の改善が期待できます。

 

◆このような症状でお困りの方◆

〇脳血管障害後遺症(脳梗塞、脳出血などの後遺症)

〇パーキンソン病、症候群、筋萎縮性側索硬化症(ALS)

〇関節リウマチ、変形性膝関節症、変形性腰椎症

〇肺気腫                      

 これらは一例です。

 

◆訪問リハビリマッサージで出来ること◆

鍼灸マッサージ:痛みやしびれなどに筋肉の緊張緩和を目的に行います

変形徒手矯正:四肢の関節拘縮により、運動機能障害が顕著な場合に行います。

       硬くなった関節周囲、こわばったり麻痺した筋肉に手を使って

       行います。

       ①各関節の機能回復②痛みの緩和③関節の変形予防④動作の改善

       ⑤関節の安定化 

        などが期待できます。 

機能訓練・運動療法:弱まった筋力の維持・向上、低下した機能を改善、

          日常生活動作(寝返り。座る、立つ歩くなど)の改善を

          目的として行います

 

 

◆訪問リハビリマッサージご利用の流れ◆

 

申し込み

お問合せフォーム、メール(89fujinami@gmail.com)、

LINE、電話などからお申込み下さい。

※お電話でお申し込み頂いた場合、後ほど改めてお掛け直し致しますので、

お名前、ご用件(訪問リハについて)を残して頂くと助かります。

※ケアマネージャーさんとご相談の上申し込まれても結構です。

 

カウンセリング・無料体験マッサージ

ご自宅、施設にお伺いし、お身体の状態や問題点、

患者様やご家族のご希望などをお聞きします。

施術費用や同意書についてのご説明を致します

※医師に記入して頂く「同意書」はこちらが持参します。

その後、患者様の問診も兼ねながらマッサージを致します。

 

申し込み

担当医に同意書の記入を依頼して頂き、同意書が出来上がりましたら、

訪問開始の日時をご相談させて頂きます。

 

訪問開始 

患者様のお身体の状態、ご希望を考慮し、施術や機能訓練を行います

 

yjimage3A9PNXLY.jpg